What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから

2013年5月19 (日) 第28回黙示録セミナー by エレミヤ   前半
130519_004 第28回黙示録セミナー by エレミヤ 前半.wma
Windows Media 音楽ファイル 7.9 MB
2013年5月19 (日) 第28回黙示録セミナー by エレミヤ   後半
130519_005 第28回黙示録セミナー by エレミヤ 後半.wma
Windows Media 音楽ファイル 5.7 MB

    第28回黙示録セミナー    テキスト

 

 

第28回黙示録セミナー H25. 5. 19(日)

 

 

「北からの災い」

 

 

1.聖書は、終末の日に、神の民が「北からの災い」に会うことを預言する。

 

 

 

以下のとおりである。

 

 

1)エレミヤ書

1:13 再び、私に次のような主のことばがあった。「何を見ているのか。」そこで私は言った。「煮え立っているかまを見ています。それは北のほうからこちらに傾いています。」

 

1:14 すると主は私に仰せられた。「わざわいが、北からこの地の全住民の上に、降りかかる。

 

2)エゼキエル書

38:6 ゴメルと、そのすべての軍隊、北の果てのベテ・トガルマと、そのすべての軍  隊、それに多くの国々の民があなたとともにいる。

 

38:7 備えをせよ。あなたも、あなたのところに集められた全集団も備えをせよ。あなたは彼らを監督せよ。

 

38:8 多くの日が過ぎて、あなたは命令を受け、終わりの年に、一つの国に侵入する。その国は剣の災害から立ち直り、その民は多くの国々の民の中から集められ、久しく廃墟であったイスラエルの山々に住んでいる。その民は国々の民の中から連れ出され、彼らはみな安心して住んでいる

 

3)ダニエル書

11:40 終わりの時に、南の王が彼と戦いを交える。北の王は戦車、騎兵、および  大船団を率いて、彼を襲撃し、国々に侵入し、押し流して越えて行く。

 

11:41 彼は麗しい国に攻め入り、多くの国々が倒れる。しかし、エドムとモアブ、またアモン人のおもだった人々は、彼の手から逃げる。

 

 

 

北の王とは何か?

 

2.南の国、ユダの北の国とは、北イスラエルの国のこと。

北イスラエルは偶像礼拝と、背教のゆえ、神に忌み嫌われていた。

 

 

北イスラエルの最初の王ヤロブアムに関してはこういわれている。

 

 

1列王記

14:9 ところが、あなたはこれまでのだれよりも悪いことをし、行って、自分のためにほかの神々と、鋳物の像を造り、わたしの怒りを引き起こし、わたしをあなたのうしろに捨て去った。

 

14:10 だから、見よ、わたしはヤロブアムの家にわざわいをもたらす。ヤロブアムに属する小わっぱから奴隷や自由の者に至るまで、イスラエルにおいて断ち滅ぼし、糞を残らず焼き去るように、ヤロブアムの家のあとを除き去る。

 

14:11 ヤロブアムに属する者で、町で死ぬ者は犬がこれを食らい、野で死ぬ者は空の鳥がこれを食らう。』主がこう仰せられたのです。

 

2代目の王バシャについてもこういわれている。

 

1列王記

16:2 「わたしはあなたをちりから引き上げ、わたしの民イスラエルの君主としたが、あなたはヤロブアムの道に歩み、わたしの民イスラエルに罪を犯させ、その罪によってわたしの怒りを引き起こした。

 

16:3 それで今、わたしはバシャとその家族とを除き去り、あなたの家をネバテの子ヤロブアムの家のようにする。

 

16:4 バシャに属する者で、町で死ぬ者は犬がこれを食らい、野で死ぬ者は空の鳥がこれを食らう。」

 

 

北イスラエルは偶像礼拝により、神の怒りを引き起こしており、

ユダがこの国と同盟することは神のみこころではない。以下のことばのとおりである。

 

 

2歴代誌

25:6 さらに、彼はイスラエルから、銀百タラントで、十万人の勇士を雇った。

 

25:7 神の人が彼のもとに来て言った。「王よ。イスラエルの軍勢をあなたとともに行かせてはなりません。主は、イスラエル、すなわち、すべてのエフライム族とは、共におられないからです。

 

25:8 それでも、あなたが行くと言われるのなら、そうしなさい。雄々しく戦いなさい。神は敵の前にあなたをつまずかせられます。神には、助ける力があり、つまずかせる力もあるからです。」

 

25:9 アマツヤは神の人に言った。「では、イスラエルの軍勢に与えた百タラントはどうしたらよいのか。」神の人は答えた。「主はそれよりも多くのものをあなたに与えることがおできになります。」

 

 

同じく、プロテスタントがカソリックと合同することには、みこころはない。

3.カソリックとプロテスタントが合同する日:

 

 

聖書は、終末の日にキリスト教会が合同して、ひとつになる

日を預言する。以下のとおりである。

 

 

黙示録

13:11 また、私は見た。もう一匹の獣が地から上って来た。それには小羊のような二本の角があり、竜のようにものを言った。

 

13:12 この獣は、最初の獣が持っているすべての権威をその獣の前で働かせた。また、地と地に住む人々に、致命的な傷の直った最初の獣を拝ませた。

 

13:13 また、人々の前で、火を天から地に降らせるような大きなしるしを行なった。

 

13:14 また、あの獣の前で行なうことを許されたしるしをもって地上に住む人々を惑わし、剣の傷を受けながらもなお生き返ったあの獣の像を造るように、地上に住む人々に命じた。

 

13:15 それから、その獣の像に息を吹き込んで、獣の像がもの言うことさえもできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。

 

13:16 また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。

 

13:17 また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。“

 

ここには、「小羊のような二本の角」を持つ一匹の獣が描かれている。

これは、ひとつに合同したキリスト教会の姿であり、2本の角はキリスト教会の2大勢力であるカソリックとプロテスタントのことである。

すなわち、ここには、カソリックとプロテスタントが合同する日について書いてある。

 

4. エキュメニカルのもととなったことば、Oikonomeneが使用されている箇所:

 

 

黙示録:

3:10 あなたが、わたしの忍耐について言ったことばを守ったから、わたしも、地上に住む者たちを試みるために、全世界に来ようとしている試練の時には、あなたを守ろう。

 

 

黙示録:

12:9 こうして、この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は投げ落とされた。彼は地上に投げ落とされ、彼の使いどもも彼とともに投げ落とされた。

 

黙示録:

16:14 彼らはしるしを行なう悪霊どもの霊である。彼らは全世界の王たちのところに出て行く。万物の支配者である神の大いなる日の戦いに備えて、彼らを集めるためである。

 

 

 

.今のキリスト教会のトレンドは、カソリックとの合同の方向へと進められている。

 

 

1)カソリック批判の本はキリスト教書店から、のぞかれている。

逆にカソリックの本や、マリヤ像などが書店におかれている。

 

2)すっと青山など大きなキリスト教大会では、カソリック批判はご法度。

 

3)キャンパスクルセードなど、キリスト教団体では、カソリック批判はご法度。

4)ビリーグラハムなどのプロテスタントリーダーがカソリックを受け入れる発言、行動を行っている。

 

5)カソリック、プロテスタントのメッセンジャーの交換メッセージが進められている。

 

 

 

. しかし、カソリックは以下の様に冒涜の教会であり、この様な教会との合同にみこころはない。

 

 

1)法王は進化論を公に認めている。要するに、創世記の「神がアダムを創造した」との記述は嘘であると教えているわけである。

2)法王は、「神はアダム、エバとともに地球外生命体をも創造した」と述べている。

聖書には、地球外生命体、すなわち、宇宙人に関する記述などひとつもない。

法王は、「ことばは神である」といわれた方を冒涜している。

3)そもそもカソリックは聖書を信じていない。それどころか、聖書にも間違いがある。間違いないのは、教会(法王)だけである、などとトンデモない教理を信じている。

4)カソリックはあらゆる聖書のことばに反している。その中でも偶像崇拝に

関するみことばを無視し、悪霊マリヤの像を拝むことは大きな冒涜。

 

 

 

 

. 兄弟の妻をめとるべきではない。

 

 

バブテスマのヨハネは兄弟の妻をめとるべきではない、と語り、

ヘロデの妻、ヘロデヤの策略の下で首を切られ、命を失った。

 

マタイ

14:3 実は、このヘロデは、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤのことで、ヨハネを捕えて縛り、牢に入れたのであった。

 

14:4 それは、ヨハネが彼に、「あなたが彼女をめとるのは不法です。」と言い張ったからである。

 

14:5 ヘロデはヨハネを殺したかったが、群衆を恐れた。というのは、彼らはヨハネを預言者と認めていたからである。

 

14:6 たまたまヘロデの誕生祝いがあって、ヘロデヤの娘がみなの前で踊りを踊ってヘロデを喜ばせた。

 

14:7 それで、彼は、その娘に、願う物は何でも必ず上げると、誓って堅い約束をした。

 

14:8 ところが、娘は母親にそそのかされて、こう言った。「今ここに、バプテスマのヨハネの首を盆に載せて私に下さい。」

 

14:9 王は心を痛めたが、自分の誓いもあり、また列席の人々の手前もあって、与えるように命令した。

 

14:10 彼は人をやって、牢の中でヨハネの首をはねさせた。

 

14:11 そして、その首は盆に載せて運ばれ、少女に与えられたので、少女はそれを母親のところに持って行った。

 

14:12 それから、ヨハネの弟子たちがやって来て、死体を引き取って葬った。そして、イエスのところに行って報告した。

 

 

 

この記事には、たとえと教えがあるように思われる。

ヘロデは、当時の神の民ユダの長である。今の時代にたとえれば、プロテスタントのトップの様な立場。

兄弟の妻をめとることはよくない、とここでは言われているが、       プロテスタントの兄弟とはカソリックであり、その妻をめとり一体となる、すなわち、プロテスタントとカソリック教会をひとつにすることにはみこころはないのである。

 

しかし、終末の日にこの合同に反対する人々はバプテスマのヨハネの様に

首を切られて命を失うことが想像される。

 

 

黙示録

20:4 また私は、多くの座を見た。彼らはその上にすわった。そしてさばきを行なう権威が彼らに与えられた。また私は、イエスのあかしと神のことばとのゆえに首をはねられた人たちのたましいと、獣やその像を拝まず、その額や手に獣の刻印を押されなかった人たちを見た。彼らは生き返って、キリストとともに、千年の間王となった。

 

 

 

 

. プロテスタントはその背教のゆえ、北からの災い、カソリックの災いに引きずりこまれる。その災いは神から来たものである。

 

 

エレミヤ書

1:13 再び、私に次のような主のことばがあった。「何を見ているのか。」そこで私は言った。「煮え立っているかまを見ています。それは北のほうからこちらに傾いています。」

 

1:14 すると主は私に仰せられた。「わざわいが、北からこの地の全住民の上に、降りかかる。

 

1:15 今、わたしは北のすべての王国の民に呼びかけているからだ。――主の御告げ。――彼らは来て、エルサレムの門の入口と、周囲のすべての城壁と、ユダのすべての町に向かって、それぞれの王座を設ける。

 

1:16 しかし、わたしは、彼らのすべての悪にさばきを下す。彼らはわたしを捨てて、ほかの神々にいけにえをささげ、自分の手で造った物を拝んだからだ。

 

1:17 さあ、あなたは腰に帯を締め、立ち上がって、わたしがあなたに命じることをみな語れ。彼らの顔におびえるな。さもないと、わたしはあなたを彼らの面前で打ち砕く。

 

1:18 見よ。わたしはきょう、あなたを、全国に、ユダの王たち、首長たち、祭司たち、この国の人々に対して、城壁のある町、鉄の柱、青銅の城壁とした。

 

1:19 だから、彼らがあなたと戦っても、あなたには勝てない。わたしがあなたとともにいて、――主の御告げ。――あなたを救い出すからだ。」

 

 

かつての日、背教の北イスラエルは、アッシリアに捕因となった。同じく、ユダもバビロンへ捕因となった。終末の日にプロテスタントはその背教のゆえ、カソリックの偽りに巻き込まれる。

 

 

 

 

. 北の王は押し流す:

 

 

ダニエル書

11:40 終わりの時に、南の王が彼と戦いを交える。北の王は戦車、騎兵、および大船団を率いて、彼を襲撃し、国々に侵入し、押し流して越えて行く。

 

11:41 彼は麗しい国に攻め入り、多くの国々が倒れる。しかし、エドムとモアブ、またアモン人のおもだった人々は、彼の手から逃げる。

 

11:42 彼は国々に手を伸ばし、エジプトの国ものがれることはない。

 

11:43 彼は金銀の秘蔵物と、エジプトのすべての宝物を手に入れ、ルブ人とクシュ人が彼につき従う。

10. 北のゴグ

 

エゼキエル書

38:6 ゴメルと、そのすべての軍隊、北の果てのベテ・トガルマと、そのすべての軍隊、それに多くの国々の民があなたとともにいる。

 

38:7 備えをせよ。あなたも、あなたのところに集められた全集団も備えをせよ。あなたは彼らを監督せよ。

 

38:8 多くの日が過ぎて、あなたは命令を受け、終わりの年に、一つの国に侵入する。その国は剣の災害から立ち直り、その民は多くの国々の民の中から集められ、久しく廃墟であったイスラエルの山々に住んでいる。その民は国々の民の中から連れ出され、彼らはみな安心して住んでいる

 

38:9 あなたは、あらしのように攻め上り、あなたと、あなたの全部隊、それに、あなたにつく多くの国々の民は、地をおおう雲のようになる。

 

38:10 神である主はこう仰せられる。その日には、あなたの心にさまざまな思いが浮かぶ。あなたは悪巧みを設け、

 

38:11 こう言おう。『私は城壁のない町々の国に攻め上り、安心して住んでいる平和な国に侵入しよう。彼らはみな、城壁もかんぬきも門もない所に住んでいる。』

 

38:12 あなたは物を分捕り、獲物をかすめ奪い、今は人の住むようになった廃墟や、国々から集められ、その国の中心に住み、家畜と財産を持っている民に向かって、あなたの腕力をふるおうとする。

 

38:13 シェバやデダンやタルシシュの商人たち、およびそのすべての若い獅子たちは、あなたに聞こう。『あなたは物を分捕るために来たのか。獲物をかすめ奪うために集団を集め、銀や金を運び去り、家畜や財産を取り、大いに略奪をしようとするのか。』と。

 

38:14 それゆえ、人の子よ、預言してゴグに言え。神である主はこう仰せられる。わたしの民イスラエルが安心して住んでいるとき、実に、その日、あなたは奮い立つのだ。

38:15 あなたは、北の果てのあなたの国から、多くの国々の民を率いて来る。彼らはみな馬に乗る者で、大集団、大軍勢だ。

 

38:16 あなたは、わたしの民イスラエルを攻めに上り、終わりの日に、あなたは地をおおう雲のようになる。ゴグよ。わたしはあなたに、わたしの地を攻めさせる。それは、わたしがあなたを使って諸国の民の目の前にわたしの聖なることを示し、彼らがわたしを知るためだ。

 

38:17 神である主はこう仰せられる。あなたは、わたしが昔、わたしのしもべ、イスラエルの預言者たちを通して語った当の者ではないか。この預言者たちは、わたしがあなたに彼らを攻めさせると、長年にわたり預言していたのだ。

 

38:18 ゴグがイスラエルの地を攻めるその日、――神である主の御告げ。――わたしは怒りを燃え上がらせる。

 

38:19 わたしは、ねたみと激しい怒りの火を吹きつけて言う。その日には必ずイスラエルの地に大きな地震が起こる。

 

38:20 海の魚も、空の鳥も、野の獣も、地面をはうすべてのものも、地上のすべての人間も、わたしの前で震え上がり、山々はくつがえり、がけは落ち、すべての城壁は地に倒れる。

 

38:21 わたしは剣を呼び寄せて、わたしのすべての山々でゴグを攻めさせる。――神である主の御告げ。――彼らは剣で同士打ちをするようになる。

 

38:22 わたしは疫病と流血で彼に罰を下し、彼と、彼の部隊と、彼の率いる多くの国々の民の上に、豪雨や雹や火や硫黄を降り注がせる。

 

38:23 わたしがわたしの大いなることを示し、わたしの聖なることを示して、多くの国々の見ている前で、わたしを知らせるとき、彼らは、わたしが主であることを知ろう。」

 

 

 

 

 

11.恵みを受けるカソリック

 

 

エゼキエル書

37:15 次のような主のことばが私にあった。

 

37:16 「人の子よ。一本の杖を取り、その上に、『ユダと、それにつくイスラエル人のために。』と書きしるせ。もう一本の杖を取り、その上に、『エフライムの杖、ヨセフと、それにつくイスラエルの全家のために。』と書きしるせ。

 

37:17 その両方をつなぎ、一本の杖とし、あなたの手の中でこれを一つとせよ。

 

37:18 あなたの民の者たちがあなたに向かって、『これはどういう意味か、私たちに説明してくれませんか。』と言うとき、

 

37:19 彼らに言え。神である主はこう仰せられる。見よ。わたしは、エフライムの手にあるヨセフの杖と、それにつくイスラエルの諸部族とを取り、それらをユダの杖に合わせて、一本の杖とし、わたしの手の中で一つとする。

 

37:20 あなたが書きしるした杖を、彼らの見ている前であなたの手に取り、

 

37:21 彼らに言え。神である主はこう仰せられる。見よ。わたしは、イスラエル人を、その行っていた諸国の民の間から連れ出し、彼らを四方から集め、彼らの地に連れて行く。

 

37:22 わたしが彼らを、その地、イスラエルの山々で、一つの国とするとき、ひとりの王が彼ら全体の王となる。彼らはもはや二つの国とはならず、もはや決して二つの王国に分かれない。

 

37:23 彼らは二度と、その偶像や忌まわしいもの、またあらゆるそむきの罪によって身を汚さない。わたしは、彼らがかつて罪を犯したその滞在地から彼らを救い、彼らをきよめる。彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。

 

37:24 わたしのしもべダビデが彼らの王となり、彼ら全体のただひとりの牧者となる。彼らはわたしの定めに従って歩み、わたしのおきてを守り行なう。

37:25 彼らは、わたしがわたしのしもべヤコブに与えた国、あなたがたの先祖が住んだ国に住むようになる。そこには彼らとその子らとその子孫たちとがとこしえに住み、わたしのしもべダビデが永遠に彼らの君主となる。

 

 

教会統一の日は、一面災いの日であるが、しかし、カソリックの真に神に従う人々には恵みとなることが予想できる。

彼らはプロテスタントを通して真の救い主、キリストに出会う。

 

 

 

12.仮庵の祭りを祝う:

 

教会が合同し、獣となる日には、われわれは教会を出て、仮庵の祭りを祝うべきである。

 

マタイ

24:17 屋上にいる者は家の中の物を持ち出そうと下に降りてはいけません。

 

24:18 畑にいる者は着物を取りに戻ってはいけません。“

 

 

ネヘミヤ

8:13 二日目に、すべての民の一族のかしらたちと、祭司たち、レビ人たちは、律法のことばをよく調べるために、学者エズラのところに集まって来た。

 

8:14 こうして彼らは、主がモーセを通して命じた律法に、イスラエル人は第七の月の祭りの間、仮庵の中に住まなければならない、と書かれているのを見つけ出した。

 

8:15 これを聞くと、彼らは、自分たちのすべての町々とエルサレムに、次のようなおふれを出した。「山へ出て行き、オリーブ、野生のオリーブの木、ミルトス、なつめやし、また、枝の茂った木などの枝を取って来て、書かれているとおりに仮庵を作りなさい。」

 

8:16 そこで、民は出て行って、それを持って帰り、それぞれ自分の家の屋根の上や、庭の中、または、神の宮の庭や、水の門の広場、エフライムの門の広場などに、自分たちのために仮庵を作った。

 

8:17 捕囚から帰って来た全集団は、仮庵を作り、その仮庵に住んだ。ヌンの子ヨシュアの時代から今日まで、イスラエル人はこのようにしていなかったので、それは非常に大きな喜びであった。

 

8:18 神の律法の書は、最初の日から最後の日まで、毎日朗読された。祭りは七日間、祝われ、八日目には定めに従って、きよめの集会が行なわれた。

 

 

 

 

 

13. 女は荒野に逃げるべきである。

 

 

 

黙示録

12:4 その尾は、天の星の三分の一を引き寄せると、それらを地上に投げた。また、竜は子を産もうとしている女の前に立っていた。彼女が子を産んだとき、その子を食い尽くすためであった。

 

12:5 女は男の子を産んだ。この子は、鉄の杖をもって、すべての国々の民を牧するはずである。その子は神のみもと、その御座に引き上げられた。

 

12:6 女は荒野に逃げた。そこには、千二百六十日の間彼女を養うために、神によって備えられた場所があった。

 

12:7 さて、天に戦いが起こって、ミカエルと彼の使いたちは、竜と戦った。それで、竜とその使いたちは応戦したが、

 

12:8 勝つことができず、天にはもはや彼らのいる場所がなくなった。

 

12:9 こうして、この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は投げ落とされた。彼は地上に投げ落とされ、彼の使いどもも彼とともに投げ落とされた。

 

12:10 そのとき私は、天で大きな声が、こう言うのを聞いた。「今や、私たちの神の救いと力と国と、また、神のキリストの権威が現われた。私たちの兄弟たちの告発者、日夜彼らを私たちの神の御前で訴えている者が投げ落とされたからである。

 

12:11 兄弟たちは、小羊の血と、自分たちのあかしのことばのゆえに彼に打ち勝った。彼らは死に至るまでもいのちを惜しまなかった。

 

12:12 それゆえ、天とその中に住む者たち。喜びなさい。しかし、地と海とには、わざわいが来る。悪魔が自分の時の短いことを知り、激しく怒って、そこに下ったからである。」

 

12:13 自分が地上に投げ落とされたのを知った竜は、男の子を産んだ女を追いかけた。

 

12:14 しかし、女は大わしの翼を二つ与えられた。自分の場所である荒野に飛んで行って、そこで一時と二時と半時の間、蛇の前をのがれて養われるためであった。

 

12:15 ところが、蛇はその口から水を川のように女のうしろへ吐き出し、彼女を大水で押し流そうとした。

 

12:16 しかし、地は女を助け、その口を開いて、竜が口から吐き出した川を飲み干した。

 

 

 

 

―以上―

 

<参考資料>

 

サン・バルテルミの虐殺

 

サン・バルテルミの虐殺 フランソワ・デュボワ(1529-1584),ローザンヌ美術館

 

サン・バルテルミの虐殺(サン・バルテルミのぎゃくさつフランス語Massacre de la Saint-Barthélemy)は、1572824フランスカトリックプロテスタントを大量虐殺した事件である。聖バルテルミーの虐殺あるいは(英語表記から)聖バーソロミューの虐殺St. Bartholomew's Day Massacre)とも表記される。

宗教改革ジャン・カルヴァンの思想がフランスでも勢力を持ち、プロテスタントはカトリック側から「ユグノー」と呼ばれた。1562以降、フランスはカトリックとユグノーとの内乱状態(ユグノー戦争)となっていた。

国王シャルル9の母后カトリーヌ・ド・メディシスの提案により、ユグノーとカトリックとの融和を図るため、ユグノーの指導者であるナバラアンリ(有力な王位継承権を持つブルボン家当主)と王妹マルグリット(国王シャルル9の妹)が結婚することになった。1572817に結婚式が行われ、ユグノーの中心人物であるコリニー提督はじめ多くのユグノー貴族が結婚を祝うためパリに集まっていた。822にコリニーが狙撃されて負傷する事件が起こると、 ユグノーは憤り、国王に真相究明を求めた[1]

2日後、サン・バルテルミの祝日である824日、カトリック強硬派のギーズ公の兵がコリニー提督を暗殺し、シャルル9世の命令により宮廷のユグノー貴族多数が殺害された。だが、事態は宮廷の統制を超えて暴発し[2]、市内でもプロテスタント市民が襲撃され、虐殺は地方にも広まり、犠牲者の数は約1万~3万人とされる(後述#犠牲者数節参照)。

 

カソリック法皇教皇グレゴリウス13が発行した虐殺記念メダル